働き方改革で副業が促進?

働き方改革で副業が促進?
LINEで送る
Pocket

働き方改革で副業の扱いは変わる

「副業したい!」という人はたくさんいます。でも、「副業OK!」という企業はまだまだ少ないのが現実です。働き方改革の促進によって、今後の副業はどうなっていくのでしょうか。働き方改革の実行計画が公表されたのは2017年の3月です。社員が柔軟に働けるよう、企業は副業や兼業を認めることを原則とするようこの計画には明記されています。副業や兼業に関するガイドラインを作ってしまおうということなので、労働者側にとってはうれしいことですよね。企業にしてみると、本当は副業を禁止にしたいけど、誰もが納得する理由がないと禁止にはできなくなるというちょっと厳しめのルール。
今までは、「正当な理由があれば副業を例外として許可することもある」ぐらいのことだったのが、「禁止すべきよほどの理由がない限り、届け出れば誰でも副業可」という感じになってくるわけです。働き方改革についての詳しいことは、厚生労働省のホームページに掲載されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

「働き方改革」について詳しく見てみよう

副業が解禁されるとどうなる?

企業にとってはマイナスのイメージがある副業も、考えようによっては大きなチャンスです。会社に籍を置く人が柔軟に働けることで、企業では得られないようなスキルを身につけられるようになります。そのスキルを本業で生かせるなら、副業を認めることで企業にもメリットが生じますよね。社員の副業がきっかけで、新しい技術やサービスが生まれればまさにWin-Winです。社員はそのスキルや才能を生かして週末起業もできるかもしれません。事業が軌道に乗れば、いつかは独立することも夢じゃありませんよ。
本業も副業もバリバリこなして結果を出せるような人は、働く意欲はもちろんいろんな能力を持った人であり、企業にとってはかなり魅力的な人材です。本業だけなら伸びなかったかもしれない能力が副業によって伸びるなら、もっと副業を促進したほうが企業にとっては利益になります。ということは、副業OKの企業のほうが、いろんな可能性を持った人材が集まりやすくなるとも考えられます。そうやって競争力が高くなっていけば、流れに後押しされて副業に積極的になる企業も増えてくるのではないでしょうか。

副業でキャリアアップ

副業は、単なるプラスアルファの収入を得る手段ではなくキャリア形成の一環になります。人脈力が評価される今の時代、副業でいろんなネットワークを持っている社員って企業にとって貴重な存在です。そうなれば、副業はマイナスどころか大幅なプラスですよね。副業によってスキルが強化されれば、早期退職や定年退職の次のステージでさらにパワーアップしていく楽しみもあります。そうなるために重要なのは、まず本業にしっかり根ざすことです。本業が安定していれば、副業との距離を上手に保ちながら自分のペースでステップアップできるはず。せっかく副業するなら、華麗にキャリアアップしていきたいですね。

特集記事
  • 今すぐ始められる!【ライター】
  • 働き方改革で副業が促進?
  • 意外と知らない副業の正しい意味って?