社員にも会社にもメリットがある!

社員にも会社にもメリットがある!
LINEで送る
Pocket

副業はNGなんてもう古い?

昔から引き継がれる社畜精神が心のどこかに根付いていると、副業ってなんだか悪いことしている気分になるかもしれません。もしそうなら、その意識をもうちょっと現代風に変えてみませんか。終身雇用の時代はとっくに終了し雇用は不安定、年金だって払っているほどにもらえるかどうか先行きは不明瞭。そんな状況の中で、「なにがどうあっても脇目をふらず我が社ひとすじで働きましょう!」なんてのは、もはや企業のワガママというもの。働き方改革に無関心で、副業のメリットに目をとめようとすらしないような企業は、将来の存続までもが危ぶまれてしまいそうです。

副業は企業にとってメリットだらけ

企業があるからこそ社員は働けますがその逆も然り。社員の良い働きがあってこそ、企業は利益をあげることができていますよね。社員の仕事の質をさらに高めるためには、スキルアップしてもらう必要がありますが、これがなかなか大変です。社員の意識をスキルアップへ向けるために、昇給や賞与、報奨金を用意するだけではちょっと弱いのです。そこで有効な手段として登場するのが副業です。社員が副業をすることで、社外でスキルアップして戻ってきてくれるなら企業も手間いらずですよね。副業でスキルアップして本業に還元してくれるような有能な社員はもはや企業の宝物です。
会社員が普段意識しないことを副業で学んできてくれることで、企業経営を自分ごととして考えてもらえるようになるのも、企業にとって大きなメリットです。会社に縛りつけて「我が家の社員としてこうあるべき」と社員にひたすら教え込むより、あっさり副業を認めたほうが圧倒的に早いかもしれません。

会社員にとってのメリット

会社員が副業をすることで確実に得られるメリットは、やはり収入が増えることです。固定給の生活なら使えるお小遣いにも限界がありますが、副業なら可能性はどこまでも広がります。副業する人にはいろんな目的があるかと思いますが、副業するならなるべくお金を多く稼ぎたいですよね。いくらスキルアップしても給料にはね返ってこない生活をしている人ならば、スキルに比例するように稼げる副業の世界は夢の世界。働くことが今よりももっと楽しくなりそうです。
副業をしていなければ休みは多いかもしれませんが、休みを満喫するためのお金が少なければ休みを持て余してしまいます。でも、副業をすればお金が足りないという問題もあっさりクリアできます。本業以外の時間を副業に使うとなると、自由な時間をいかに上手に作り出すかがポイントにはなるでしょう。自由な時間とお金がバランスよく手に入るようになれば、日々の生活は自然とイキイキしたものになりますよ。

特集記事
  • 今すぐ始められる!【ライター】
  • 働き方改革で副業が促進?
  • 意外と知らない副業の正しい意味って?