初心者でも稼げる?【アフィリエイト】

初心者でも稼げる?【アフィリエイト】
LINEで送る
Pocket

アフィリエイトで稼ぐ仕組み

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告のこと。アフィリエイトで稼ぐ人のことをアフィリエイターといいます。 アフィリエイターが自分のWebサイト(ホームページ)やブログなどに特定企業の商品・サービスの広告を載せ、それを見たユーザーが広告をクリックまたは商品を購入すると、アフィリエイターに成果報酬が支払われる…という仕組みです。

【アフィリエイトの流れ】
・自分のWebサイト、ブログを開設する
・報酬を受け取る振込銀行口座を用意する
・ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)へ登録する
・ASPから掲載する商品やサービスを選定する
・Webサイトに広告(バナー)を掲載する

アフィリエイトを目的としたWebサイト・ブログの作成は、独自ドメインを取得できるレンタルサーバーの利用がおすすめ。無料ブログを検討する場合は、アフィリエイト自体が規約違反になるケースもあるので注意が必要でしょう。

 

どれくらい稼げるの?

アフィリエイトの収入は人によってかなりの差が出るのが現実。月に100万円以上稼ぐ人もいれば、1000円以下、全く収入なしという人も珍しくありません。そもそも、アフィリエイトで一定の収入を得るには、できるだけ多くのユーザーに自分のWebサイトへ訪問してもらい、広告をクリック、または商品を購入してもらうことが必要。集客できないと収入を得ることはできないのです。アフィリエイトで成功している人の多くは、検索で上位に表示されるようなWebサイトを運営しています。副業として考えるなら、記事の充実化やSEO対策など、集客を増やす工夫や時間も必要になるということを念頭に置きましょう。

アフィリエイトをおすすめする理由

アフィリエイトはメリットが多いので副業におすすめです。

【メリット】
・パソコン、スマートフォンがあればどこでもできる
・初期費用がほとんどない
・在庫を抱えるリスクがない
・個人情報をWeb上に記載する必要がない
・顧客対応する必要がない

アフィリエイトのメリットは、初期費用や失敗したときのリスクがほとんどないこと。基本は企業の商品・サービスに関するリンク(バナー)を貼って紹介するだけなので、万が一思うような成果が得られなくても商品在庫を抱えたりクレーム対応したりするリスがクがありません。また、自宅等どこにいてもできるため、仕事や家事、育児などの合間に行うことも可能です。

良い条件が揃ったアフィリエイトですが、メリットだけでなくデメリットも知っておきましょう。

【デメリット】
・集客が得られなければ稼げない
・サイトの作りこみに時間や工夫が必要
・ライバルが多い

デメリットとして挙げられるのは、Webサイトの運営が初めての人には少々ハードルが高いことでしょう。先ほども触れましたが、アフィリエイトで収入を得るには、Webサイトやブログを作成するだけでは不十分。ライバルも多いので、ほかのアフィリエイターとどのように差別化するか、どうやればより多くのユーザーを集められるかなどを考え工夫する必要があります。

このように、Webサイトの運営に関しては難しい点もありますが、失敗のリスクがほとんどないのがアフィリエイトの魅力です。慣れれば効率よく収入を得られるようになる可能性も。本職とは別に何か新しいことへ挑戦してみたい、アフィリエイトの仕事自体に興味があるという人は、まずは期間を決めてチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

特集記事
  • 今すぐ始められる!【ライター】
  • 働き方改革で副業が促進?
  • 意外と知らない副業の正しい意味って?